週刊エコノミスト Onlineアフリカで儲ける

成長の鍵 資源ブーム沈静で膨らむ債務 農業の革新と工業化が必須=高橋基樹

    (出所)世界銀行より筆者作成
    (出所)世界銀行より筆者作成

     アフリカが過去の負のイメージを超え、経済上の関心を集めるようになったのは、21世紀になってからである。

     1960年代の独立以降、資源・1次産品の輸出と先進国からの援助、借款を元手に工業化を目指したが、交易条件の悪化や石油危機で貿易収支が大きく悪化。80~90年代は、返済義務のない贈与や譲許的な(利子や返済期間が優遇された)借款で何とかしのいだものの、21世紀になって先進諸国政府・国際機関に債務帳消しを乞わざるを得ない状況に追い込まれた。

     その後、中国などの新興国の経済膨張に応じた資源輸出の急増で状況は一転。サハラ以南アフリカの国民総所得(GNI)は2001年からピークの14年までに年平均5・4%の成長を遂げた。90年から10年間の平均2・1%と比較すると、正に急上昇だった。

    残り1022文字(全文1364文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット