週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

固定金利で低金利の恩恵を/11

    (出所)不動産経済研究所
    (出所)不動産経済研究所

     不動産経済研究所によれば、2019年7月の首都圏新築マンション価格平均は5964万円と、依然として高止まり傾向が続いている。東京都区部に至っては平均7673万円と、普通のサラリーマンが買える水準をはるかに超えている。

     こうした不動産市場の高止まりが続いている理由はいくつかあるが、一番大きいのは「低金利」だ。例えば住宅ローン5000万円を金利1%、期間35年で借りると月々の返済は約14・1万円。支払金利は928万円、総支払額は5920万円で済む。

     しかし3・5%に上昇した場合には月々の支払いは20・7万円と6・6万円も増加。支払金利は3081万円に跳ね上がり、総支払額は8081万円と2161万円も増えてしまう。したがって毎月の支払いを14・1万に抑えるなら、借り入れは3700万円にまで下げる必要があるが、これはマイホーム購入予算が1300万円下がるのと同じだ。金利が上がるとローン残高もなかなか減らなくなる。

    残り661文字(全文1070文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット