週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

過疎化で消滅するベッドタウン/12

    (出所)国土交通省「国土のグランドデザイン2050」を基に編集部作成
    (出所)国土交通省「国土のグランドデザイン2050」を基に編集部作成

     不動産の価値とは何よりも「立地」だ。1億円の豪邸でも、誰も買わない、あるいは借りない立地にあればそれは実質的に「価値ゼロ」だが、古くなった建物でも立地さえ良ければ、再生や建て替えによって新たな価値を生み出すことが可能だ。

     昨今、駅から求められる距離は「徒歩7分以内」。持ち家、賃貸ともこれを超えると急速にニーズが減退する。5年前なら徒歩10分でも許容されていたが、いまやマンションデベロッパーも8分を超える用地にはあまり手を出さない。

     都心部では駅近ではあるが、専有面積わずか9平方メートルといった賃貸住宅が人気だ。昨今の単身者は、車はもちろんテレビも持たず、家に人を招くわけでもなく料理もしない、コーヒーを飲みたいなら近くのカフェでという人が増えている。駅から遠い20平方メートルよりも駅近の9平方メートルを選好するわけだ。

    残り905文字(全文1269文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット