週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

トラブルの元凶は「境界線」/13

     日本の空き家はこれから加速度的に増加する。野村総合研究所によれば、2033年には空き家が約2170万戸、空き家率は30%になる。

     親が亡くなって誰も住まなくなったとき、実家の空き家をどうするのか。もし「売ろう」「相続しよう」と考えているなら、今のうちに絶対解決しておきたい問題がある。不動産の「境界問題」だ。

     不動産取引のトラブルで圧倒的ナンバーワンが境界を巡るトラブル。隣地との境界があいまいなまま不動産取引を行うと、後々隣地ともめごとになることがあるため、一般的には「引き渡しまでに境界を明示すること」といった取り決めをすることが多い。これは単に境界標を確認するだけでは足りず、隣地所有者との合意書が必要だ。

    残り884文字(全文1191文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事