週刊エコノミスト Online

小林孝徳 ニューロスペース社長 眠りの質改善で生活を快適に

     個々の睡眠の質や状態を分析し、よりよい眠りを確保できるよう、具体的なアドバイスを提供している。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長、構成=市川明代・編集部)

     睡眠に何らかの悩みを抱える日本人は4000万人に上ると言われています。弊社では、専用装置とアプリを使って、職場全体で睡眠の改善に取り組んでもらうプログラムを提供しています。

     まず、従業員の寝具の下に専用装置を挟み、振動の周波数から心拍と呼吸、体の動きを計測します。弊社でデータを解析し、睡眠中の覚醒時間の長さや回数、レム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルなどを把握します。従業員のスマートフォンのアプリには、毎日の寝付きにかかった時間や深い睡眠が取れた時間、トータルの睡眠スコア(100点中何点か)が表示されます。日中の眠気のピーク時間や最適な睡眠時間、眠りにつきにくい人であれ…

    残り1167文字(全文1530文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット