マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 景気ウオッチャー調査(9月9日) 引き続き低水準で推移か=神戸雄堂

    (出所)内閣府「景気ウオッチャー調査」
    (出所)内閣府「景気ウオッチャー調査」

     9月9日に、内閣府は8月の景気ウオッチャー調査の結果を公表する。景気の現状判断DI及び先行き判断DI(季節調整値)は、2018年から続く低下基調に歯止めがかかっておらず、8月も引き続き低水準にとどまる公算が大きい。

     景気の現状判断DIは、18年以降「横ばい」を意味する50の節目を下回っており、足元でも3カ月連続で低下している。19年7月調査の結果では41.2と16年4月以来の低水準に落ち込んでおり、内閣府は基調判断を「このところ回復に弱さがみられる」から「天候など一時的な下押し要因もあり、このところ回復に弱い動きがみられる」と4カ月ぶりに下方修正した。

     先行き判断DIも18年12月以降50を下回り、7月は44.3と16年6月以来の水準に落ち込んでいる…

    残り480文字(全文810文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット