週刊エコノミスト Online最新!信金ランキング2019

合併で進む信金の「地銀」化 規模に見合うガバナンス強化を=大庫直樹

     信用金庫は、もともと信用組合と同根である。1900年に制定された産業組合法を根拠法に信用組合がスタートし、農村部の組合は農協となり、市街地信用組合が信用金庫になった。準市街地信用組合は、そのまま信用組合となり、職域(県警や市役所、大企業など)であったり、業域(医師など)であったりと、より個性を強めている。

     ただし、コミュニティーのための金融組織であることには変わりがない。そのため、税制上の優遇もある。ところが、コミュニティーのためであるべき信用金庫が、次第に株式会社として営利組織の面を持つ「地方銀行」と同じような業容に、少なくとも外見上は近づきつつある。

    残り2165文字(全文2446文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット