マーケット・金融勃発!通貨戦争

通貨安競争 勝者なき外需争奪戦 ドル急落なら世界金融危機に=小玉祐一

(出所)明治安田生命作成
(出所)明治安田生命作成

 通貨戦争の害悪とは何か。よく挙げられるのは、1929年の世界恐慌後、当時の世界経済の盟主だった英国が金本位制から離脱してポンドを切り下げたのを皮切りに世界的なブロック経済化が進み、第二次世界大戦の遠因になったという歴史である。

 現状、そうした意味での通貨戦争は起きていない。主要国の中で、露骨な自国通貨売り介入や為替の切り下げを実施している国はない。中国は、むしろ市場の元売り圧力を買い介入で抑えている。米連邦準備制度理事会(FRB)に不満を漏らすトランプ米大統領とて、中国を「為替操作国」に指定した手前、自ら為替介入に手を染めるわけにはいかないだろう。

 すでに現実のものとなっているのは金融緩和競争である。これを事実上の通貨安競争とみなせば、「金融緩和のリスク=通貨安競争のリスク」となる。

残り890文字(全文1237文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事