マーケット・金融勃発!通貨戦争

日本の成長率 来年度はマイナス0・8% 他国より深い後退招く3要因=松岡幹裕

    (注)「主要国」は米国、ユーロ圏19カ国、中国、日本の景気先行指数を2015年の各GDPで加重平均した値 (出所)経済協力開発機構(OECD)よりSBI証券作成
    (注)「主要国」は米国、ユーロ圏19カ国、中国、日本の景気先行指数を2015年の各GDPで加重平均した値 (出所)経済協力開発機構(OECD)よりSBI証券作成

     世界景気は踊り場ではなく、既に軽微な後退局面に入っている。主要国の景気先行指数は2017年11月をピークに低下が続いている。累積の低下幅は、欧州債務危機が深刻化した11~12年、中国の景気減速懸念を背景に世界同時株安が起きた「チャイナ・ショック」の15年の低下幅を超えている(図1)。

     世界の輸出数量は18年10月をピークに、鉱工業生産も19年3月をピークに低下し始めた。経済指標の悪化の大部分は製造業に由来するが、製造業とサービス業の指標はほぼ同方向に動くため、長期化すれば非製造業にも波及するだろう。

     景気先行指数は経済活動に6カ月程度先行するとされる。現時点では、主要国の景気先行指数の下げ止まりを…

    残り1787文字(全文2090文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット