マーケット・金融勃発!通貨戦争

インタビュー 篠原尚之・元財務官 世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に

    ── 世界経済の現状はどうか。

    ■この10年ほど、低成長・低インフレが続いている。世界的に見て、潜在成長率が落ちており、以前のような高成長率に戻る気配はまったくない。これは構造的な問題だろう。一つは、先進国で高齢化が進んでいること。もう一つは、技術革新の質の変化。AI(人工知能)やIT技術は、これまでの蒸気機関車や自動車といったインフラを伴って莫大(ばくだい)な需要を出す技術革新とは異なり、GDP(国内総生産)成長率への貢献が小さい。そういう意味でも、低成長・低インフレの時代は当面続くだろう。

    残り1111文字(全文1359文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事