週刊エコノミスト Onlineキャッシュレス大混乱

増税に間に合わない! ポイント還元店舗は全体の3割 消費者の混乱は必至=村田晋一郎

還元制度の認定を受けた店舗の入り口(東京都杉並区)
還元制度の認定を受けた店舗の入り口(東京都杉並区)

 消費税率が8%から10%に引き上げられることに合わせ、政府は10月1日からポイント還元制度をスタートする。2020年6月末までの9カ月間限定の措置で、キャッシュレスで支払いをする消費者にポイントを還元する。中小小売店では買い物額の5%、コンビニなど大企業のフランチャイズ店舗は2%分に相当するポイントが付与される。還元制度を楽しみにしている消費者は多く、政府も需要の喚起を期待している。

 だが、10月1日に消費者がすぐにポイント還元を利用できるとは限らない。利用できる店舗が限られるためだ。ポイント還元を受けるためには、利用した店舗が還元制度の対象店舗として認定されていなければいけないが、この認定が遅れている。

残り873文字(全文1180文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事