週刊エコノミスト Online大揺れ!香港・台湾・韓国

香港の今を読み解く 基礎知識Q&A=編集部/遊川和郎

     Q1 1997年の「香港返還」とは何だったの?

     A アヘン戦争の結果、1842年に清国(今の中国)が香港島を英国に割譲。60年に対岸の九竜半島南端部も英側に渡り、98年に九竜半島の残り地域(新界)と周辺の島嶼(とうしょ)を英国が99年間租借。いまの香港の輪郭が形成された。

     太平洋戦争中は日本が統治したが、日本の降伏により再び英領に。中華人民共和国建国(1949年)直後の混乱や大躍進運動、文化大革命時には本土から大量の難民が流れ込んだ。

     70年代末、租借期限となる97年以降の統治に関する議論が浮上。英国は統治継続を望んだが、改革開放を掲げたトウ小平氏は香港の主権回復を強く主張。84年12月に両国は中英共同声明に調印し(割譲地域も含めた)返還が決定。97年7月1日、中国に返還された。

    残り1462文字(全文1807文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事