マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 調整一巡、景気敏感株など有望=三井郁男

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     世界の株式市場は、金利上昇が始まると同時に反転し、日本株は急上昇し水準訂正が進んだ。既に日本株は国内外の投資家の注目度が低下し、売買代金も低迷。そのタイミングで、それまで上昇していた銘柄が売られ、下落が続いた銘柄が上昇する強烈な逆張りが起き、低迷していた銀行株などバリュー(割安)株が急上昇した。

     米中貿易戦争の長期化が実体経済に大きく影響が出始める中、中国とドイツが追加の金融政策や財政政策を実施する可能性が高まり、過度な景気悪化懸念が後退したこともプラスに作用。景気の悪化懸念に沿って進んだ急激な金利低下期待の巻き返しが生じ、債券買い・株式売りのポジションが解消され、金利上昇と株高が同時に生じた。同時にドル買いポジションや、グロース(成長)株の買い持ち・バリュー株の売り持ち…

    残り513文字(全文854文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット