マーケット・金融THE MARKET

NY市場 米中交渉に振り回される展開=平秀昭

     8月には米中貿易摩擦が悪化し米株式相場は調整を強いられたが、9月に入って米中双方が歩み寄っている様子が見られ、市場では米中通商協議が暫定合意に達するのではとの期待感が高まりつつある。貿易摩擦への懸念が和らいだことを受けて、米主要大型株で構成されるS&P500指数は節目の3000ポイントを再度回復した。

     しかし、米中通商協議の今後の進展については慎重に見守る必要があろう。まず、これまでの交渉過程においても、交渉再開後に結局合意に至らず交渉が決裂するというパターンが繰り返されてきた。また、知的財産権の保護や国有企業問題等に関しては、米中間の主張の隔たりは大きく、合意のめどは立っていない。

    残り170文字(全文470文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット