マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米雇用統計(10月4日) 雇用鈍化のペースを見極め=窪谷浩

    (出所)米労働省
    (出所)米労働省

     10月4日に米国で9月の雇用統計が発表される。非農業部門雇用者数は2010年10月から統計開始以来最長となる107カ月連続で増加しているものの、足元で雇用増加に陰りも見られていることから、労働市場の回復持続性を見極める上で注目される。

     まず8月の結果を確認すると、非農業部門雇用者数は前月比13.0万人増と、前月の15.9万人増、市場予想の16.0万人増を下回った。また、8月は国勢調査に絡む臨時政府職員が2万5000人計上されており、雇用者数が特殊要因で底上げされていることを考慮すると、見た目以上に雇用増加ペースが鈍化していたといえる。

     一方、失業率は3.7%と、8月は市場予想に一致し、およそ50年ぶりの低水準を維持している。また、労…

    残り362文字(全文683文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット