週刊エコノミスト Online大揺れ!香港・台湾・韓国

動く朝鮮半島 「3度目の米朝会談」を整備 韓国に漂い始めた楽観論=徐台教

     米中のはざまで膠着(こうちゃく)状態が続き、東アジアの不安定要因となっていた朝鮮半島情勢だが、韓国内でようやく南北関係の改善への期待が広まりつつある。9月に入り、米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表が対話の重要性を表明し、長くカウンターパートを務めた北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)外務次官が「9月下旬に米国と向き合う」と明かしたからだ。

     今年2月のハノイ米朝首脳会談が物別れに終わって以降、その余波を受ける形で南北関係も悪化の一途をたどってきた。例えば、公式的な南北対話は9カ月にわたって行われていないし、国連機関を通じ支援する5万トンのコメも拒否されている。8月には米韓合同軍事訓練に業を煮やした北朝鮮当局は「二度と(交渉の)席につかない」とまで言い放った。

    残り1313文字(全文1643文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事