マーケット・金融THE MARKET

ブラジル株 米国の金融緩和頼み=児玉卓

     米国市場が比較的堅調なこともあり、ブラジルの株価は高値圏を維持している。一方、レアルの対ドルレートは軟調であり、7月、9月の2度にわたる利下げの影響が出ている可能性がある。もっとも、米国を含む世界経済が減速傾向にあるとはいえ、想定外の悪材料が出ているわけでもないため、リスク回避的な資本流出圧力が強まる状態にはない。

     ボルソナロ政権への支持率が低下傾向にあり、景気も底ばい状態から脱していないなど悪いニュースが勝っているが、やはりブラジル株価を左右するのは外部環境であろう。第一は米国株価であり、第二には中国景気が重要である。特に後者は米中貿易摩擦の行方に影響を受けやすい。ただし、ここでもやはり短期的にポイントとなるのは、想定外の米中関係の悪化がないかということであろう。それが回避されれば基本的にブラジル株価は…

    残り73文字(全文433文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット