週刊エコノミスト Online年金の大誤解

年金の基礎知識Q&A=編集部/高橋義憲

(出所)厚生労働省「2017年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」、同省・日本年金機構「知っておきたい年金のはなし」
(出所)厚生労働省「2017年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」、同省・日本年金機構「知っておきたい年金のはなし」

 Q1 年金の仕組みは?

 A 日本の公的年金制度は、20歳から60歳未満の人全員が加入する「国民年金」と、会社員や公務員などが加入する「厚生年金」の二つがある。国民年金への加入は法律で義務付けられており、加入者(被保険者)数は約6733万人(2017年度末時点)。

 国民年金の加入者は3種類に分かれている(図)。会社員や公務員は国民年金に加えて、勤務先を通じて加入する厚生年金の「2階建て」となっており、受け取れる年金は国民年金の老齢基礎年金に老齢厚生年金が上乗せされる。

 16年から、従業員501人以上の会社に勤め、労働時間が週20時間以上など一定の条件を満たす人も厚生年金保険の加入対象となるなど、適用が拡大された。厚生年金保険の加入者(第2号被保険者)は17年度末現在で4358万人で、前年度末に比べて92万人(2・1%)増えている。

残り730文字(全文1100文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事