週刊エコノミスト Online年金の大誤解

誤解5 受給は遅らせるのが得 高齢になるほど支出は減る 自分の生活スタイルを考えて=深野康彦

(出所)日本年金機構のデータを基に筆者作成
(出所)日本年金機構のデータを基に筆者作成

 人生100年時代といわれることから、何歳から年金を受け取り始めればよいのかは悩ましい問題である。年金の受け取り開始は65歳(特別支給の厚生年金を除く)からとなっているが、希望すれば60歳まで前倒しできる一方、70歳まで遅らせることもできるからだ。

 60~70歳のいずれかから年金の受け取りを開始した場合、計算上では平均余命まで生きれば何歳からでも損はしないといわれる。だが、私たちは死ぬ時期をコントロールできないから、せめて払った保険料以上はもらいたいと思うのが人情だろう。

 年金は一生涯の終身払いなので、100歳でも、120歳でも生きている限り受け取ることが可能だ。では、何歳から受け取ればよいのだろうか。

残り1793文字(全文2099文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事