法務・税務年金の大誤解

老後資金は株の配当金で増やす Jリート、インフラファンドも=深野康彦

    街頭の株価ボード前の通行人(Bloomberg)
    街頭の株価ボード前の通行人(Bloomberg)

     株主への利益還元が急増している。利益還元は自社株買いと増配が双璧だが、ここでは増配に絞って解説したい。図はTOPIX(東証株価指数)連動のETF(上場投資信託)の配当金の推移である。資産規模の大きい上位3社のETFを100口ずつ購入して保有し続けた場合、どれだけ配当金が増えたかを示したもの。これらのETFは2002年に初めて決算を行い、支払った配当金は3銘柄平均で100口当たり約260円。19年には13倍の約3400円まで増額している。

     株式投資といえば「売却益狙い」が一般的であるが、株価が高くなった今、売却益を狙うのは一時期より難しい局面が続いている。であれば長期保有で高収益が期待できる「高配当株投資」にもっと目を向けるべきだろう。世間を騒がせた老後資金2000万円不足問題にも十分対応できるからだ。

    残り560文字(全文916文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事