週刊エコノミスト Online年金の大誤解

誤解3 年金は今の収入の6割 現役男子の平均手取りと比較 退職直前年収だと3分の1に=野尻哲史

     厚生労働省が8月に公表した「財政検証」の中身は、国民年金・厚生年金の財政を検証した結果をまとめたもので、生活者の目線で見ようとするとかなり分かりにくい。特に労働市場の状況や物価、賃金上昇率などの前提条件が日本経済をより正確に表しているか、楽観的になりすぎていないかなどといった点は、エコノミストといわれる専門家の分析に任せるしかない。

     その中で私たちが、注意を払うべき数値がある。それが所得代替率だ。所得代替率の計算方法は、2019年の「財政検証の結果」の資料の中に明記されている。計算の定義は「公的年金の給付水準を示す指標。現役男子の平均手取り収入額に対する年金額の比率により表される」と書かれている。

    残り1958文字(全文2261文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット