テクノロジー

伊藤昌平 FullDepth社長 水中ドローンで最深の海へ

     軽装備で深海調査へ──。小型の水中ドローンの開発で、未知なる深海の世界を身近なものにしようとしている。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長、構成=市川明代・編集部)

     これまで深海の調査といえば、大型船に巨大なロボットを積み、1000万円近くかけて挑むものでした。低コストで気軽に調査に出られるように、小型漁船に載る重さ28キロの水中ドローンを開発しました。

     ドローン本体は、最大300メートルの深さまでの潜行が可能です。水中で浮きも沈みもしない「中性浮力」の状態を保つことで、エネルギーを省力化しました。推進器(プロペラ)が7個付いていて、あらゆる方向に動かせます。船上のパソコンを使って誰でも容易に操作できます。

    残り1324文字(全文1629文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット