テクノロジー

シリコンバレー 自動運転技術で物流が進化=中島和宏

    自動運転化に注目が集まる米国の物流(Bloomberg)
    自動運転化に注目が集まる米国の物流(Bloomberg)

     米国内ではトラック輸送の自動運転が本格化しつつある。貨物運送会社のUPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)は、カリフォルニア州サンディエゴ市に拠点を持つトゥシンプル社が開発した自動運転トラックを使用し、アリゾナ州で約200キロメートル区間の自動運転による輸送を始めた。トゥシンプル社は、米国郵政公社に自動運転トラックを提供し、約1600キロメートル区間の郵便輸送を試験運用した実績を持つ。

     カリフォルニア州マウンテンビュー市に本社のあるコーディアック・ロボティクス社は、テキサス州で商用貨物輸送サービスの提供を開始した。同サービスでは、長距離のランプ間輸送(インターなど特定の場所を結ぶ輸送)を自動運転化。特定の地点まで自動運転で輸送した後、最終的な目的地までは地域のドライバーが運転を引き受ける。サンフランシスコ市にはドライバーによる遠隔操作を組み合わせ、出発点から目的地まで全て無人運…

    残り105文字(全文501文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット