マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 消費増税後の景気対策に期待=隅谷俊夫

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     日経平均株価は8月6日に2万110円の安値をつけた後、9月19日に2万2255円の高値をつけたが、10月に入って上げ幅の半値押しに当たる2万1000円近辺まで急反落した。

     東証1部の騰落レシオ(=直近25日間の値上がり銘柄数の合計÷値下がり銘柄数の合計×100)が一時140%台に乗せるなど上昇に過熱感があったので、基本的にはスピード調整。上げ幅の半値押しまでなら自律調整の範囲内で、再び上値をうかがうことは十分に可能だ。

     来週後半から日本企業の7~9月期の決算発表が本格化する。米中貿易戦争が激化した時期なので、総じて低調な決算になることは避けられない。決算に先んじて発表された9月調査の日銀短観でも、大企業・製造業の業況判断DIは6月調査のプラス7からプラス5に低下した。

    残り511文字(全文850文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット