週刊エコノミスト Onlineダマされない生命保険

お勧めランキング 医療保険 終身払いだけには“待った” 「歳満了」と組み合わせも=鬼塚眞子

    (出所)編集部作成
    (出所)編集部作成

    詳しくはこちら

     <プロが選ぶお勧め保険ランキング>

     健康増進型や、生活習慣病による入院の日数無制限保障、メンタル疾患への保障など、個性のある医療保険の商品が次々に発売されるようになった。一方で、中高年の見直しには注意を払いたい。というのは、「見直しはこれで最後かも」と考える人が少なくないからである。

     特に注意したいのは契約時の告知で、その中でも「一定期間内に健康診断や人間ドックを受けて、要再検査・要精密検査・要治療を指摘されたことがあるか」という点だ。過去の検査で指摘されたのを忘れていたり、「結果が大丈夫だったから、言わなくてもいい」と誤解する人もいる。

     実はこれが大きな間違いだ。契約後、入院手術をした際にこうした事実が発覚すれば告知義務違反とみなされ、契約が取り消されるケースも少なくない。契約後、ほどなくして告知部位に関連する入院・手術をした場合、一定期間は保険金が支払われないなどの条件がつくが、その期間を過ぎれば本来の保障に戻ることができるような加入の仕方もあるので、包み隠さず告知するのがベストだ。

    残り702文字(全文1160文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事