週刊エコノミスト Onlineダマされない生命保険

お勧めランキング がん保険 入院・死亡から治療へ 保障は手厚くシフト=黒田尚子

(注)通院受療率は、人口10万人に対する通院がん患者数、入院受療数は人口10万人に対する入院がん患者数。平均入院日数は、退院患者の平均在院日数 (出所)厚生労働省「2017年患者調査」
(注)通院受療率は、人口10万人に対する通院がん患者数、入院受療数は人口10万人に対する入院がん患者数。平均入院日数は、退院患者の平均在院日数 (出所)厚生労働省「2017年患者調査」

 <プロが選ぶお勧め保険ランキング>

 がん保険とは、がんという特定の疾病を保障する医療保険の一種である。対象を限定することで保険料を割安に抑えられるが、逆に言えば、がんしか保障されない。解約返戻金はないものがほとんどで、がんにならなければ、掛け捨てとなる。

 従来のがん保険は、入院給付金と死亡保険金がメインだった。しかし、がん患者の入院日数は2002年の35・7日から17年には17・1日に半減している(図)。治療が入院から通院にシフトするにつれて、保障も抗がん剤や放射線などによる通院治療を重視するようになってきた。最近では、基本保障(主契約)を抗がん剤や放射線などの治療保障に絞り、必要に応じて特約を付加できる商品や、自由診療をカバーする商品が目立ってきた。

 がん保険に加入すべきか否かは、がんになるとどんな経済的損失が生じるか知ることが重要だ。そのリスクは、「支出の増大」と「収入の減少」の二つに大別できる。

残り903文字(全文1310文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事