マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 米中一時休戦でリスク選好相場に=三宅一弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     年末に向けて米中通商交渉や、10月末の英国の欧州連合(EU)離脱期限など重要日程が目白押しになる。世界の製造業景気が減速する中で、米中対立が激化する場合などでは、米国はじめ主要国の中央銀行が金融緩和を強化する可能性が高い。逆に改善に向かえば金融緩和・利下げ圧力がマイルドになりそう。株式市場でも両者で明暗際立つ動きが予想される。

     米中が改善するケースではリスク選好が強まり、為替は1ドル=110円前後の円安基調となろう。日経平均株価は2万3000円、さらに消費増税をうまく乗り越えたことが確認できれば、一段高が現実味を増しそうで、外需系の景気敏感株、特にハイテク株がけん引役になろう。

    残り561文字(全文854文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット