マーケット・金融THE MARKET

NY市場 当面は上値の重い展開に=堀古英司

     米国株式相場は中国との貿易摩擦を受けて、引き続き一進一退の状況となっている。ISM製造業指数など、経済指標にも徐々に米中貿易摩擦長期化の影響が表れ始めているとの指摘もある。10月中旬から7~9月期決算発表シーズンに入るが、米主要大型株で構成されるS&P500指数の構成銘柄の利益成長率は前年同期比で4%程度の減益が予想されており、貿易摩擦問題がどの程度悪影響があるかが注目点…

    残り288文字(全文480文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット