週刊エコノミスト Onlineダマされない生命保険

生命保険 基礎知識&選び方 「前代未聞」のかんぽ生命 不正4パターンと自衛策=黒田尚子/編集部

    主力商品は養老保険や終身保険
    主力商品は養老保険や終身保険

     <ダマされない生命保険>

     個人にとって家に次いで人生で2番目に高い買い物と言われる生命保険。複雑な設計の商品も少なくないが、商品の仕組みや必要な保障をどこまで理解して契約しているだろうか。顧客の無知や生命保険会社への信頼を逆手に取った不適切契約が今、かんぽ生命を舞台に前代未聞の規模で発生している。生命保険の営業員の説明をうのみにせず、自ら自衛策を講じたい。

    「大きなうみがある」。9月30日、かんぽ生命の不正販売を巡る調査の中間報告を公表した日本郵政の長門正貢社長は、記者会見でこう認めた。中間報告では、契約時の虚偽説明など、法令や社内規定に違反した疑いのある事案が2014~18年度の5年間で6327件に上ることが判明(表1)。調査は対象18・3万件の約4割しか完了しておらず、12月末の最終報告で数が膨らむのは確実だ。

    残り4213文字(全文4575文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット