テクノロジー5Gのウソ ホント

何ができるか 1生産現場 機械・装置の遠隔操作や自動化 熟練技術者の技能継承も=佐野正弘

    KDDI・大林組・NECの5G建機遠隔操作デモ 筆者撮影
    KDDI・大林組・NECの5G建機遠隔操作デモ 筆者撮影

     さまざまな業界にインパクトを与えるとされる5Gだが、中でも4Gからの進化によって大きな変化を与えると見られているのが、建設や工場などの生産現場である。

     その理由は「IoT」(モノのインターネット)の存在にある。国内の生産現場では現在、労働人口減少による人材不足や、熟練工の引退による技能継承の途絶など非常に多くの課題を抱えている。

     そこでIoT技術を活用し、工場内の工作機械や建設現場の建設機械など、さまざまな機械をネットワークに接続して情報を収集することで、現場の情報を“見える化”。その上でネットワークを経由して機器を制御して連携させたり、離れた場所にいる人が遠隔で機器を操作したりすることで、作業の効率化を図る取り組みが進められているのだ。

    残り1569文字(全文1893文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット