テクノロジー5Gのウソ ホント

何ができるか 2自動車・物流 コネクテッドカーが進化 隊列走行の実現にも期待=河村靖史

ソフトバンクが新東名高速道路で実証実験を行ったトラック隊列走行 ソフトバンク提供
ソフトバンクが新東名高速道路で実証実験を行ったトラック隊列走行 ソフトバンク提供

 自動車業界では、高速・大容量、低遅延、多接続が特徴の5Gに注目している。トヨタ自動車が2020年までに日米中で販売する乗用車のほとんどに車載通信機を搭載するなど、自動車メーカーは、クルマが通信で外部と接続するコネクテッドカーの普及を本格化させている。位置情報などさまざまな車載データを収集してビッグデータ化し、これを新しいモビリティーサービスなどに活用できるためだ。コネクテッドカーを5Gで実用化すればより効率的にリアルタイム性を確保して、より多くのデータをやり取りできる。

 自動車各社が開発に力を入れている自動運転技術にも5Gが生かされる。自動運転はセンチメートル級の高精度に自車位置を把握し、設定した目的地に向けて走行するが、道路工事による規制や渋滞など、刻一刻と変化する道路状況に対応しなければならない。5Gを使ってこれらリアルタイム交通情報を取得することで、自動運転車は効率的、かつ安全に走行できる。特にハンドルのない完全自動運転車の場合、緊急時などで、クルマを遠隔…

残り975文字(全文1413文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事