マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 107~109円台=深谷幸司

     市場のリスク選好が回復している。米中通商交渉に部分合意の見込みが立ったことが大きい。米国は大統領選挙が佳境に向かい、中国は景気減速に加え香港問題も抱える。米中双方の政権ともにポジティブな材料を提供する必要性が増している。11月には再度閣僚級協議が開かれ合意が署名に至ると見込まれている。それまではリスク回避による円高リスクは後退した状況が続こう。

     一方で、米国で企業の景況感が依然として悪化していることは気がかりだ。好調な雇用に悪影響が広がらないか気になるところ。米中合意が部分的で既存の関税が撤廃されるわけではなく、大幅な景況感改善は期待しにくい。リスク選好の急回復も見込みにくい。

    残り147文字(全文440文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット