マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 日銀金融政策決定会合(10月30~31日) 追加緩和に踏み切るか=上野剛志

    (注)政策委員の大勢見通し(中央値)、消費者物価(除く生鮮食品)の前年比、18年以前公表分は消費税引き上げ・教育無償化の影響を除く、19年公表分は含む(=コアCPI上昇率)(出所)日本銀行
    (注)政策委員の大勢見通し(中央値)、消費者物価(除く生鮮食品)の前年比、18年以前公表分は消費税引き上げ・教育無償化の影響を除く、19年公表分は含む(=コアCPI上昇率)(出所)日本銀行

     日銀は9月の金融政策決定会合後の声明文で、「物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれるおそれについて、より注意が必要な情勢になりつつある」と指摘し、次回10月30~31日の会合で、「経済・物価動向を改めて点検していく考えである」と表明した。追加緩和を予告したわけではないものの、市場ではその可能性が意識されており、実際に追加緩和に踏み切るかが注目される。

     仮に踏み切る場合には、その手法が注目されるが、黒田東彦総裁が短中期の金利引き下げに前向きな発言をし…

    残り453文字(全文682文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット