テクノロジー深層真相

スター教員抱える名城大 学内連携には改善の余地

    吉野彰 旭化成名誉フェロー・名城大教授
    吉野彰 旭化成名誉フェロー・名城大教授

     2019年のノーベル化学賞に、リチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏(71)=写真=が選ばれた。吉野氏が教授を務める名城大(名古屋市)関係者からの受賞は3人目の快挙だ。

     吉野氏は17年7月、旭化成の浅野敏雄元社長と親しい磯前秀二教授に誘われて、名城大教授に就任。大学としては開学100周年の26年に向け「世界トップレベルの研究者を招いて研究力を高めたい」との思…

    残り296文字(全文492文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット