週刊エコノミスト Online

糖尿病=松山徳之/5

    低カロリーでもおいしい食事をみんなで体験
    低カロリーでもおいしい食事をみんなで体験

     インスリン注射を避けて食事と運動を徹底するのが先決だ。

     糖尿病は高血圧、高脂血症(脂質異常症)、肥満と並ぶ生活習慣病の一つ。食べすぎなど不規則な食生活や運動不足、遺伝子の要因などで、血糖値が高くなって発症する病だ。

     治療を怠ると血管を損ない合併症が進行する。毛細血管を傷つけて網膜に出血をもたらし失明する「網膜症」、腎臓のろ過機能が衰え人工透析が必要になる「腎症」など挙げたらきりがない。

     ひどくなれば血糖値を下げるためにインスリンの注射が必要になるが、その前段階で治療することが肝心である。しかし、治療の基本は食事制限と運動というごく簡単なことだから逆に難しい。治療に熱意があり、患者に厳しい医者と巡り合えるかが運命の分岐点になる。

    残り888文字(全文1206文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット