マーケット・金融欧州発 世界不況

金融街シティーの怯え 逃げ出す140兆円 もっと怖い金融「公有化」=木村正人

    ロンドンの金融街、シティー。欧州中央銀行は合意なき離脱に準備するようシティーの銀行家たちに呼びかけている(Bloomberg)
    ロンドンの金融街、シティー。欧州中央銀行は合意なき離脱に準備するようシティーの銀行家たちに呼びかけている(Bloomberg)

    「ジョンソン首相になって強硬離脱への対応を検討せざるを得なくなった」。世界最大級の債券ヘッジファンド「キャプラ・インベストメント・マネジメント」共同創業者、浅井將雄氏はロンドンの高級地区メイフェアにあるオフィスで厳しい表情を見せた。

     浅井氏は世界金融危機と欧州債務危機の荒波を生き抜き、英紙『タイムズ』の長者番付に毎年、名を連ねるすご腕トレーダー。日本国債の市場では知らない人がいないほどの実力者だ。

     大手金融機関は経済を大混乱に陥れる「合意なき離脱」に備えて緊急時対応計画を策定している。国際コンサルティング会社アーンスト・アンド・ヤングによると、人員にして7000人、資産にして1兆ポンド(約140兆円)がロンドンから他の場所に移るとみられている。

    残り1220文字(全文1546文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事