週刊エコノミスト Online欧州発 世界不況

揺らぐ製造業 新興国の減速で不振 個人消費に打撃も=吉田健一郎

    (注)ユーロ圏購買担当者指数(PMI)は50が景況感判断の節目となる (出所)Markitの資料を基にみずほ総合研究所作成
    (注)ユーロ圏購買担当者指数(PMI)は50が景況感判断の節目となる (出所)Markitの資料を基にみずほ総合研究所作成

     国際通貨基金(IMF)は10月15日に発表した世界経済見通しで、2019・20年の世界成長率見通しが3・0%、3・4%とし、7月の見通しからそれぞれ0・2%ポイント、0・1%ポイント下方修正した。中でもユーロ圏は、ドイツ、フランス、イタリア、スペインという主要4カ国すべてを下方修正するなど、他の先進国との比較でも景気減速が顕著となっている。

     ユーロ圏の景気減速は、経済規模最大のドイツ経済が減速した影響が大きい。同国では19年4〜6月期の実質国内総生産(GDP)成長率がマイナス0・2%となったうえ、7〜9月期も0%近傍の低成長となる公算が大きい。

    残り1748文字(全文2024文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット