【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融欧州発 世界不況

ラガルド新総裁待ち受けるECBの「三つの試練」=鈴木敏之

視界不良の中の船出(Bloomberg)
視界不良の中の船出(Bloomberg)

 11月1日、国際通貨基金(IMF)専務理事を務めていたクリスティーヌ・ラガルド氏が第4代の欧州中央銀行(ECB)総裁に就任した。その前途は厳しい。ラガルド氏を「三つの試練」が待ち受けているからだ。

 第一は欧州経済の状態が悪いことである。今の欧州景気の悪化は「キチンサイクル」(約40カ月の景気サイクル)によるという見方もでき、近く下げ止まるという楽観論も根強い。しかし、ユーロ圏全体の経済状態を表す「ユーロコイン指数」でみると悪化が止まっていない(図1)。世界金融危機後、欧州はまたも他の主要経済圏よりも重い落ち込みになろうとしている。この経済下降の要因としてラガルド氏は通商問題の影響を重視している。さらにサプライチェーンの分断が危惧される英国の欧州連合(EU)離脱の問題がある。中東の不安定化も難民流入の問題になる。いずれも景気回復の足かせとなる。

 経済成長率以上に悩ましいのがインフレ率の低さである。ECBは2%に近いが2%を下回ることを目標にしている。ところがECBの直近の経済見通しでは、インフレ率は2019年1.2%、20年1%、21年1.5%とみている。公式統計で1%というのは、インフレ指数の上方バイアスを勘案するとデフレの縁といってよい。ラガルド総裁はこの困難に対処しなければならない。

残り817文字(全文1370文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事