マーケット・金融THE MARKET

NY市場 米中対立を警戒する展開か=小林正和

     米国と中国が、10月10〜11日に開かれた貿易を巡る閣僚級協議において部分合意に至ったことで、世界景気の先行きに対する警戒感が和らぎ、10月下旬の米ダウ工業株30種平均は高値圏で推移している。

     こうした中、米主要企業の2019年7〜9月期決算の滑り出しは今のところ総じて好調で、投資家心理の支えとなっている。10月には半導体市況の回復期待からハイテク銘柄に資金が流入し、主要な半導体…

    残り290文字(全文482文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット