マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 国内総生産(GDP)(11月14日) 増税前で7〜9月期プラスか=神戸雄堂

    (出所)内閣府「四半期別GDP速報」
    (出所)内閣府「四半期別GDP速報」

     内閣府は11月14日、2019年7〜9月期の国内総生産(GDP)の1次速報を公表する。4〜6月期は、輸出の減少と輸入の持ち直しによって外需寄与度がマイナスとなったが、内需が底堅く、実質GDPは3四半期連続で潜在成長率を上回る高成長となった。ただし、内需の柱である民間消費の一進一退が続いている。4〜6月期は消費税率引き上げ前の駆け込み需要が一部で発生したことや、10連休による効果で高めの伸びとなったが、力強さを欠いている。

     7〜9月期は、引き続き外需寄与度がマイナスとなることが予想されるが、増税直前の駆け込み需要が民間消費など内需を押し上げ、プラス成長が続くだろう。直近の貿易統計と国際収支統計の結果を踏まえると、7〜9月期は輸出が前期比ほぼ横ばいの一方で、輸入が増加し、外需寄与度は2四半期連続のマイナスとなることが予想される。他方、内需は、世界経済の減速に伴う輸出低迷によって製造業に弱さが見られるものの、全体として…

    残り257文字(全文670文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット