【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online欧州発 世界不況

アナリストが先読み 欧州発「不況ドミノ」 リスク1 欧州銀の経営悪化=鹿庭雄介

(注)金額は所在地ベース。新興国はトルコ、南アフリカ、ブラジル、インド、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイを含む (出所)BIS国際与信統計
(注)金額は所在地ベース。新興国はトルコ、南アフリカ、ブラジル、インド、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイを含む (出所)BIS国際与信統計

新興国から資金逆流 トルコ、ブラジル失速

 欧州中央銀行(ECB)が金融緩和にかじを切ったことは、ユーロ圏の銀行における投資余力の拡大につながるため新興国経済にとって追い風になる面もある半面、ドイツの景気悪化や英国のEU離脱を巡る混乱が今後も続くようであれば、ユーロ圏や英国の銀行の経営悪化が急速に進み、逆に新興国に投資された大量の資金が引き揚げられることで、新興国経済に悪影響が及ぶ可能性がある。

 新興国では、自国による金融仲介機能が不十分なため、先進国を中心とした海外資金に依存する国が多い。実際、新興国がどの先進国からの資金に依存しているのかを確認するために、国際決済銀行(BIS)国際与信統計から主要国の銀行を通じた新興国向けの国際与信残高をみると、ユーロ圏や英国の銀行は新興国向けの資金提供元として依然、存在感が大きいことが分かる(図)。米国の銀行と比べると、ユーロ圏の銀行の方が大きく、…

残り389文字(全文787文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事