週刊エコノミスト Online欧州発 世界不況

アナリストが先読み 欧州発「不況ドミノ」 リスク1 欧州銀の経営悪化=鹿庭雄介

    (注)金額は所在地ベース。新興国はトルコ、南アフリカ、ブラジル、インド、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイを含む (出所)BIS国際与信統計
    (注)金額は所在地ベース。新興国はトルコ、南アフリカ、ブラジル、インド、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイを含む (出所)BIS国際与信統計

    新興国から資金逆流 トルコ、ブラジル失速

     欧州中央銀行(ECB)が金融緩和にかじを切ったことは、ユーロ圏の銀行における投資余力の拡大につながるため新興国経済にとって追い風になる面もある半面、ドイツの景気悪化や英国のEU離脱を巡る混乱が今後も続くようであれば、ユーロ圏や英国の銀行の経営悪化が急速に進み、逆に新興国に投資された大量の資金が引き揚げられることで、新興国経済に悪影響が及ぶ可能性がある。

     新興国では、自国による金融仲介機能が不十分なため、先進国を中心とした海外資金に依存する国が多い。実…

    残り539文字(全文787文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット