週刊エコノミスト Online日本株 爆騰!銘柄

IPO勝敗表 勝率は維持するも低下する初値上昇率=西堀敬

    IPO銘柄の「勝率」には大きな変化はないが・・・・・・ (Bloomberg)
    IPO銘柄の「勝率」には大きな変化はないが・・・・・・ (Bloomberg)

     IPO投資と言えば、公募・売り出し株を買って上場当日の初値で売るのが最ももうかる投資手法である。表を見てほしい。2001年以降すべてのIPO銘柄を公開価格で取得して初値で売れば、そのキャピタルゲインの額は一度もマイナスになっていないほど最強の投資手法であることは一目瞭然である。

     しかしながら、そのもうかる度合いの一つの指標である初値騰落率(公開価格と初値の差)が、アベノミクス相場も7年目を迎えて少し変調の兆しが出てきたようだ。19年はここまで63銘柄(11月1日現在)が新規上場したが、その初値騰落率は68%とアベノミクス相場始まって以来最も低い水準となって…

    残り425文字(全文707文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット