マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 弱い売り圧力、2万4000円台も=隅谷俊夫

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     日経平均株価は10月10日の米中貿易協議における暫定合意を好感して上昇、29日には一時2万3000円台に乗せた。9月に続く大幅な上昇に、短期的な高値警戒感は強い。

     だが、2万3000円台に目立った節目は見当たらない。昨年10月2日に2万4400円台の高値をつけた後、わずか6営業日で2万2400円台まで急落したことで、戻り待ちの売り圧力が弱い「真空地帯」に入っているからだ。好材料が出現すると、日経平均株価は「真空地帯」を駆け上がる可能性がある。

     投資家動向で目立つのは、海外勢の買いに対する国内勢の売り。海外勢では米国のミューチュアルファンド(…

    残り557文字(全文831文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット