マーケット・金融THE MARKET

長期金利 ゼロ%近傍へ上昇=山下えつ子

     米中通商協議は第1段階が合意され、11月に米中首脳による署名が行われる見込みとなった。英国の欧州連合(EU)離脱問題も、離脱の期限は更に延期されたものの「合意なき離脱」のリスクは小さくなった。この二つのリスクはこれまで世界的な不確実性の主因であったため、リスクの軽減によって先進国の債券利回りの低下圧力は弱まるだろう。

     日本ではイールドカーブ(利回り曲線)の平坦(へいたん)化の行き過ぎに対する日銀の警戒感が長期金利の低下を抑制し、10年債利回りはすでに9月初旬を底に上昇。米利下げも10月末の利下げ実施で一巡した可能性があり、今後は海外リスクの軽減とともに、日本の長期金利への低下圧力は一段と小さくなろう。日銀も海外リスクの軽減などを背景に、当面、追加緩和の実施は見送ると予想される。10年債利回りは現在マイナス0・…

    残り86文字(全文446文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット