週刊エコノミスト Online揺れ動く原油・ドル

仮想通貨 リブラ、デジタル人民元が脅かすペトロダラー体制=在原次郎

ドル離れを進める?(中国の習近平国家主席=左=とプーチン大統領(Bloomberg)
ドル離れを進める?(中国の習近平国家主席=左=とプーチン大統領(Bloomberg)

 米フェイスブックが主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の動向に欧米の金融当局が神経をとがらせている。私企業による通貨支配につながるとの懸念のほか、既存の金融システムへの悪影響や不正送金の温床になるといった指摘もある。さらに、中国の「デジタル人民元」の台頭を許すことで、国際決済通貨としてドルにリンクする石油取引の仕組み(ペトロダラー体制)が崩壊し、米国が通貨覇権を失うとの見方すら出始めている。

 石油取引の決済手段として、米ドルがその絶大な地位を築いてきた経緯を簡単に振り返ってみよう。契機となったのは、ドルが金(ゴールド)と交換できる建前となった「ブレトンウッズ体制」の崩壊にあった。1971年8月、当時のニクソン米大統領はドルと金との交換停止(ニクソン・ショック)を突然発表。その後、73年に変動相場制に移行したドルは、米政府の信認によるペーパーマネーと変貌した。

残り3272文字(全文3658文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事