週刊エコノミスト Online食肉大争奪

中国で猛威 アフリカ豚コレラで価格2倍 建国来最大の豚肉危機=李雪連

    (出所)中国国家統計局、通関統計、WINDより筆者作成。19年予測値は中国農業科学院農業経済発展研究所より
    (出所)中国国家統計局、通関統計、WINDより筆者作成。19年予測値は中国農業科学院農業経済発展研究所より

    詳しくはこちら

     中国でアフリカ豚コレラが最初に発見されたのは、昨年の8月だった。東北地方の遼寧省瀋陽市で確認され、8カ月程度で中国全土31の省・直轄市に被害が拡大した。中国政府系のシンクタンクは被害規模について、1億頭超、生産量ベースで1000万トン程度と推計している。昨年1年間の肉豚出荷頭数は全土で6・9億頭、生産量は5400万トンであり、約2割に相当する多大な供給不足が生じている(表1)。

    「豚肉は国民食」とも言える中国だが、近年豚O型口蹄疫(こうていえき)などの疫病の発生や健康志向・高齢化の進行の影響で、豚肉の消費量が2014年の5900万トンをピークに減少傾向だ。肉豚の飼養頭数や出荷頭数の傾向も同様である。この結果、豚肉価格は、近年1キロ当たり10~20元(約150~300円)で、比較的安定して推移してきた。

    残り2212文字(全文2574文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事