週刊エコノミスト Online食肉大争奪

アフリカ豚コレラは水際で防ぐ=呉克昌

    水際の検疫が重要(Bloomberg)
    水際の検疫が重要(Bloomberg)

     日本で発生している豚コレラと中国で猛威を振るっているアフリカ豚コレラの最大の違いは、アフリカ豚コレラにはまだワクチンが開発されていないということだ。

     アフリカ豚コレラに感染した豚のほとんどは死ぬが、伝染力の強い急性・熱性の豚コレラに比べると伝染力は強くない。ただし、豚の死体の中でも3カ月程度はウイルスが生き残るなど生存性が非常に強いため、感染した豚肉の残渣(ざんさ)などを豚が食べて伝染する可能性もある。

     アフリカ豚コレラも豚コレラも人には無害なこともあり、感染した豚を出荷してしまう可能性がある。それが感染拡大の原因になる。

    残り574文字(全文839文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット