教養・歴史勝ち残る・消える大学

日本語だけでは通用せず 学生の多様性にもこだわる=仲谷善雄

     大学改革のトップを走ってきた立命館。「正しく問える人材」の育成に力を入れている。

    (聞き手=市川明代・編集部)

     オーストラリア国立大学(ANU)と共同で、リベラル・アーツを学ぶ「グローバル教養学部(GLA)」を今春、大阪いばらきキャンパスに新設した。1学年100人で、90人を立命館(海外での受験者も含む)、10人をANUが集める。両国のキャンパスで学ぶことで全員が二つの学位を取得できる、国内初の学部だ。

     日本の大学の最大の問題点は、使用言語が日本語であるという点だ。母国語に置き換えて学び、高度なレベルでものを考えられるというのは、他国にない大きなメリットでもあった。だが、海外から人を受け入れようとすると限界がある。そこで3学部に英語で学べるコースを作ったが、作っただけで交流がないと意味がないとわかった。立命館アジア太平洋大(APU、大分県別府市)は、学生の半数近くを国際学生が占める。ここまでの比…

    残り1062文字(全文1465文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事