法務・税務税務調査は見逃さない

消費税 不正還付を狙い撃ちに 「金取引」の抜け穴封じへ=松嶋洋

    消費税率を引き上げた以上、調査も厳しくなる・・・・・・(Bloomberg)
    消費税率を引き上げた以上、調査も厳しくなる・・・・・・(Bloomberg)

     国税庁が消費税の還付を申告する法人に対する調査を強化している。消費税の申告は、商品・サービスを売った時に受け取る税額から、仕入れ先に支払う税額を差し引いて納税額を計算し、受け取った消費税より支払った消費税のほうが多ければ原則還付を受けられる。ただ、この仕組みを突いた不正還付が後を絶たない。今年10月に消費税率が引き上げられたタイミングでもあり、国税側が神経をとがらせている。

     国税庁の今年11月の発表によると、2018事務年度(18年7月〜19年6月)に消費税の還付を申告した法人に対する税務調査件数は17事務年度に比べ減少しているものの、調査の中で還付金額の水増しをするなど不正を指摘したのは829件と17事務年度から42件も増加した。国税庁が不正還付に対してピンポイントで調査していることが分かる。

    残り1801文字(全文2154文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月24日号

    待ったなし! 相続&登記 来春から新ルールへ16 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ ■村田 晋一郎18 遺産分割 親から生前贈与・親へ家プレゼント…… 特別受益・寄与分の加味は 10年間限定で登記を促進 ■竹内 亮21 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度 ■飽津 史隆22 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事