法務・税務税務調査は見逃さない

税務調査が狙う会社 費用の大きな変動に着眼 税理士の交代にも注意=編集部

    大都市か地方かによっても税務調査の傾向は変わる(Bloomberg)
    大都市か地方かによっても税務調査の傾向は変わる(Bloomberg)

     法人税の税務調査に入られやすいのはどんな会社だろうか。まず、国税庁が税務調査先を選定するうえで端緒となりやすいのは、さまざまな経費を計上する費用項目の割合が大きく変動している場合だ。国税庁は税務データを国税総合管理(KSK)システムで管理している。そして、税務署側もKSKシステムから調査の候補となる法人の費用項目の割合の変動を追っている。

     例えば、過去5年にさかのぼって比較した場合、ある年だけ交通費や減価償却費が多く、異常な比率を示す項目があると、税務署側も疑問を感じ、調査に入る動機になる。アンパサンド税理士法人の山田典正税理士によると、「不正会計につながる架空経費や簿外資産は外注費として作られることが多い。外注費を含めた変動費は国税側も常に注目している」という。

    残り611文字(全文948文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット